船木

元気生活圏の現状

1.構成集落

集落数
43集落(うち小規模・高齢化集落数 3集落)
エリア設定の単位
小学校区
集落名
岡ノ坂、宮本、綿屋町、中市、上田町、下田町、上鈍々、下鈍々、新町、裏町、第一沖、第二沖、茶屋、大野、原、伏付下田、銭ヶ原、逢坂、新川、小野、奥畑、櫃崎、真名ヶ崎、梅田西山、西山第一、指月、新郷、西田、上沖、沖田、宮田、宝生、新栄住宅、堂城ヶ丘、大船台、特養楠園、雇用促進船木宿舎、田町県営住宅、赤目、大船台ニュータウン、大船台サニータウン、ニュータウン楠、下茶屋

2.人口等

(平成27年10月1日現在)

区分 世帯数 総人口 年少人口 生産年齢人口 老年人口 高齢化率
現在(A) 1,588世帯 3,769人 451人 2,083人 1,235人 32.7%
5年前(B) 1,658世帯 4,111人 563人 2,391人 1,157人 28.1%
A-B ▲70世帯 ▲342人 ▲112人 ▲308人 78人 4.6%
A/B 95.7% 91.6% 80.1% 87.1% 106.7% 116.3%

3.地域コミュニティ組織の有無

4.地域の夢プラン作成の有無

5.生活環境の状況

行政サービス

市町支所 1 宇部市北部総合支所(綿屋町)
公民館 1 船木ふれあいセンター(綿屋町)
駐在所 1 宇部警察署船木交番

子育て・教育

保育所 1 船木保育園
幼稚園 1 船木幼稚園
小学校 1 船木小学校
中学校 1 楠中学校
高等学校

医療・福祉

病院・診療所 6 扶老会病院、あいべ内科クリニック、中野医院、プラザ歯科医院、山崎歯科医院、船木歯科クリニック
福祉施設 1 介護老人保健施設老健ふなき

生活関連

商店 2 ウエスタ まるき、セブンイレブン
ガソリンスタンド 1 船木SS/船鉄商事(株)
金融機関 1 山口宇部農業協同組合船木支店、山口銀行船木支店
郵便局 1 船木郵便局

交通機関

バス停 5
JR駅

元気生活圏づくりに係る基本的方向

1.機能・サービスの拠点化

 ふれあいセンター、総合センター、商店街、コンビニ、銀行、JA,郵便局、岡崎八幡宮、学びの森くすのきが立地する北部総合支所周辺を拠点と位置付けて、元気生活圏づくりに取り組む。

2.集落間のネットワークの強化

 情報については、船木校区の全世帯を網羅する校区自治会連合会のネットワーク機能(連絡網等)を活用する。住民の移動手段については、地区内を運行する路線バスが利用可能である。

3.地域コミュニティ組織の育成

 校区内の各種団体を横断的に繋ぐ、「船木校区コミュニティ推進協議会」で、高齢者の支え合いや子育て支援ネットワークなど、将来を見据えた取り組みが進められており、活動を通じて組織機能の強化を図る。
 また、船木活性化懇話会の活動についても、地域全体での取り組みとして活動の輪を広げ、全体的な盛り上がりを目指す。

4.地域産業の振興と新たなビジネスづくり

 地域に古くから伝わる「祭」等の伝統芸能や、歴史的な町並み、地元作成の琴など、地域資源を活用したグリーンツーリズムの検討を行いながら、都市部との人口交流を図り、観光ビジネスの可能性を探る。

5.都市部からの移住・定住の促進

 利用可能な空き家ストックの掘り起こしと、宇部市情報住宅バンクへの登録推進に取り組み、移住希望者とのマッチングを行う。また、船木校区で取り組んでいる、子育てしやすい環境づくりについても、子育て世代のニーズ調査(アンケート)など、具体的な取り組みを行い、移住定住の促進を図る。

元気生活圏づくりの主な取組

  • 支え合い会議(独居高齢者を対象とした、見守りネットワーク作り)
    (実施主体等:船木校区コミュニティ推進協議会・ほか)
  • 子育て支援強化プロジェクト(子育てしやすい地域作りの検討会議)
    (実施主体等:船木校区コミュニティ推進協議会・ほか)
  • 千林尼石畳整備事業
    (実施主体等:船木活性化懇話会)