• HOME
  • 新着情報
  • 12月7日開催 岩戸神楽舞上演 ~復活にむけて~

12月7日開催 岩戸神楽舞上演 ~復活にむけて~

宇部

更新日:2019年11月18日
[カテゴリ]

地域の取組、募集

岩戸神楽舞は、宇部市万倉二ツ道祖(ふたつさや)地区に約260年前から伝わる山口県無形民俗文化財で、地域の宝として大切に受け継がれてきました。

しかしながら、近年の人口減少・高齢化のため、平成20年の上演を最後に休止となりましたが、平成30年度より山口県の中山間地域振興事業の補助を受け、地元関係者を中心とした復興委員会を立ち上げ、宇部フロンティア大学付属香川高等学校生活デザイン科の協力(神楽衣装の製作やウェブ上でのPR活動、キャラクターのデザイン、スマートフォン情報発信アプリ「UBE岩戸神楽舞」の開発など)もいただきながら、2020年12月を目標に3か年計画で復興に取り組んでいます。

このたび、これまでの成果の発表として下記の日程で上演を行うことになりました。ぜひこの機会に伝統ある神楽舞をご覧いただき、その良さを知ってもらうとともに復興への取り組みに関心を持っていただければ幸いです。

多くの皆様のご来場をお待ちしています。

日 時 12月7日(土)18:00~20:00(17:00開場)
場 所 宇部市万倉ふれあいセンター 多目的ホール
    宇部市大字西万倉字宮ノ下1672番地
入場料 無料
問合先 宇部市万倉ふれあいセンター 電話:0836-67-0201

当日は「岩戸神楽舞弁当」の販売もあります。 1個1,000円(税別)
17時より万倉ふれあいセンター受付にて販売(なくなり次第終了)