竪ヶ浜

元気生活圏の現状

1.構成集落

集落数
7集落(うち小規模・高齢化集落数 1集落)
エリア設定の単位
公民館単位
集落名
礒崎、竪ヶ浜東、竪ヶ浜中、竪ヶ浜西、荒木、新開、人島

2.人口等

(現在)

区分 世帯数 総人口 年少人口 生産年齢人口 老年人口 高齢化率
現在(A) 276世帯 613人 47人 345人 221人 36.0%
5年前(B) 272世帯 629人 53人 370人 206人 32.8%
A-B -4世帯 -16人 -6人 -25人 15人 3.2%
A/B 101.5% 97.5% 88.7% 93.2% 107.3% 109.8%

3.地域コミュニティ組織の有無

  • 竪ヶ浜コミュニティ協議会(設立年月日:平成27年3月30日)

4.地域の夢プラン作成の有無

  • 竪ヶ浜地域夢プラン(作成年月日:平成27年6月30日)

5.生活環境の状況

行政サービス

市町支所
公民館 1 竪ヶ浜地域交流センター(竪ヶ浜西)
駐在所

子育て・教育

保育所
幼稚園
小学校
中学校
高等学校 1 山口県立熊毛南高等学校(荒木)

医療・福祉

病院・診療所
福祉施設

生活関連

商店
ガソリンスタンド
金融機関
郵便局

交通機関

バス停
JR駅

元気生活圏づくりに係る基本的方向

1.機能・サービスの拠点化

・ 竪ヶ浜地域交流センターが所在する竪ヶ浜西地区を日常生活支援機能の拠点とする。
・ 竪ヶ浜コミュニティ協議会の事務局を竪ヶ浜地域交流センターに隣接する竪ヶ浜老人憩いの家内に置き、協議会の主体的活動を促進する。
・ 地域交流センターを活用して、竪ヶ浜コミュニティ協議会による高齢者対象のサロンや健康講座・健康相談の実施、また、多世帯参加型のスポーツイベント等を開催し、地域住民の交流ができる場の整備について検討し、実現に向けて活動する。

2.集落間のネットワークの強化

・ 当地域に路線バスがないため、住民の現状調査、ニーズの聞き取りにより、実情、要望を把握した上で、移送手段の確保について検討する。

3.地域コミュニティ組織の育成

・ 平成27年3月30日に竪ヶ浜コミュニティ協議会設立後、同年6月30日に夢プランが策定された。夢プランの実現に向け、当協議会による自主的・主体的な運営が進むよう支援していく。

4.地域産業の振興と新たなビジネスづくり

・ 地区独自の特産品の開発を進め、農業と地域産業の活性化を図る。
・ 地域の土地活用により、住民が集える公園等の整備に取り組む。
・ 休耕田等の遊休地を活用したイベントの企画や、地域交流センターに隣接する竪ヶ浜老人作業所を活用した陶芸教室を開催し、地区外からの交流人口の増加を図る。
 ・ 地区の北東に位置する赤子山の森林整備を継続的に行い、町内外からの交流人口を増やし観光客を呼び込む。

5.都市部からの移住・定住の促進

・ 居住の安定や定住促進のため、地区内の空き家調査を行い、子育て世帯など若者の住宅取得の支援を行う。

元気生活圏づくりの主な取組

  • コミュニティ協議会の活動支援
    (実施主体等:町)
  • 高齢者対象のサロン・健康相談の開催
    (実施主体等:協議会)
  • 多世代参加型イベントの開催
    (実施主体等:協議会)
  • 新規イベントの開催
    (実施主体等:協議会)
  • 地域特産品の開発
    (実施主体等:協議会)
  • 陶芸教室の開催
    (実施主体等:協議会)