ビジネスづくり

中山間地域の「資源」や「特性」などを活かした農山漁村と都市との交流などを支援します。

農山漁村と都市との交流

農山漁村と都市との交流を一層拡大し、都市から農山漁村への人の流れを創ることで、中山間地域の活性化を図るため、より深い地域との関りに繋がる新たな地域滞在型交流を促進します。

新たな地域滞在型交流

交流活動を実践する方々が、農山漁村地域を訪れた人に対して、その地域の「人」、「暮らし」、「文化」など、ありのままの生活を体験できる様々な機会を提供し、地域とのより深い関わりに繋げることによって、一時的な滞在から、再訪問や長期滞在といった新たな人の流れを創出し、中山間地域の活性化を図るものです。

具体的には、次の3つの要素で構成される交流をいいます。

  1. 地域とのふれあい
    [例]集落共同作業、郷土料理づくり、住民との交流会、里山散策など
  2. 多様な滞在施設
    [例]農林漁家民宿、古民家民宿、ホームステイ、民泊など
  3. 地域資源の活用
    [例]地域の人材(語り部等)、慣習・文化(料理、習慣等)、地域課題(空き家、耕作放棄地等)など
やまぐちスロ・ツーリズムイメージ