田万川地域(エリア図)

元気生活圏の現状

1.構成集落

集落数
54集落(うち小規模・高齢化集落数 22集落)
エリア設定の単位
市町村合併前の町村
集落名
小川1区、小川2区、小川3区、小川4区、小川5区、小川6区、小川7区、小川8区、小川9区、小川10区、小川11区、小川12区、小川13区、小川14区、小川15区、小川16区、小川17区、小川18区、小川19区、小川20区、小川21区、小川22区、小川23区、小川24区、小川25区、瀬尻、上組、丸山、中組、大久保、八幡、松崎、稗田、市味、湊、須佐地、江崎平原、上本郷、下本郷、下郷、わらび台、大沢、要一、要二、上本町、本町、土居、弁天、上中町、下中町、戎一、戎二、江津、尾浦

2.人口等

(2021年3月31日現在)

区分 世帯数 総人口 年少人口 生産年齢人口 老年人口 高齢化率
現在(A) 1,212世帯 2,402人 151人 972人 1,279人 53.2%
5年前(B) 1,299世帯 2,806人 247人 1,239人 1,320人 47.0%
A-B -87世帯 -404人 -96人 -267人 -41人 6.2%
A/B 93.3% 85.6% 61.1% 78.5% 96.9% 113.2%

3.地域コミュニティ組織の有無

4.地域の夢プラン作成の有無

  • 田万川地域の夢プラン(作成年月日:2009年12月)

5.生活環境の状況

行政サービス

市町支所 2 萩市田万川総合事務所(上本郷)、萩市小川支所(小川1区)
公民館 2 小川公民館(小川1区)、江崎公民館(本町)
駐在所 2 江崎幹部交番(大沢)、小川駐在所(小川1区)

子育て・教育

保育所 2 萩市田万川保育園(要二)、萩市田万川保育園小川分園(小川24区)
幼稚園
小学校 2 萩市立小川小学校(小川24区)、萩市立多磨小学校(上本町)
中学校 1 萩市立田万川中学校(要二)
高等学校

医療・福祉

病院・診療所 2 萩市田万川診療所、田万川歯科診療所
福祉施設 4 特別養護老人ホーム阿北苑(小川12区)、田万川規模デイホーム「うたたね」(八幡)、社会福祉法人E.G.F(小川22区)、グループホーム「ぬくもり」(大沢)

生活関連

商店 7 山口県農業協同組合江崎ふれあい店、キヌヤ江崎店、ナカモト薬局、ローソンポプラたまがわ店、道の駅「ゆとりパークたまがわ」、山口県農業協同組合小川購買店舗、コメリ山口田万川店
ガソリンスタンド 2 ㈲サカモト石油、山口県農協小川給油所
金融機関 5 山口銀行江崎支店、山口県漁業協同組合江崎支店、山口県農業協同組合小川支所、ゆうちょ銀行江崎支店、ゆうちょ銀行小川支店
郵便局 2 小川郵便局(小川1区)、江崎郵便局(要二)

交通機関

バス停 31 梅の木(小川7区)、千匹(小川6区)、原中(小川5区)、笠取(小川5区)、阿北苑入口(小川12区)、中学校前(小川1区)、三明(小川1区)、大倉(小川24区)、高岩橋(小川24区)、本郷(小川23区)、八幡宮前(小川23区)、小島(小川22区)、河井(小川16区)、横滝(小川15区)、足谷(小川15区)、萩原(上組)、丸山(丸山)、中組(中組)、大久保(大久保)、椿橋(八幡)、田万川総合事務所前(上本郷)、江崎駅前(上本郷)、田万川中学校(要二)、局前(要二)、江崎本町上本町(上本町)、道の駅たまがわ(湊)、田万川温泉(下郷)、本町(本町)、中町(下中町)、西堂寺前(戎二)、尾浦入口(江津)
JR駅 1 JR山陰本線 江崎駅(上本郷)

元気生活圏づくりに係る基本的方向

1.機能・サービスの拠点化

 田万川地域の江崎地区では、田万川総合事務所を中心として、公民館、診療所、JA、郵便局など主要施設が集中し、住民の日常生活に必要なサービスを提供している。また田万川地域と周辺都市を結ぶJR江崎駅が1km内に位置している。
 商業施設としては、道の駅「ゆとりパークたまがわ」を拠点とし、地元特産品等を販売しており、地域のまつり・イベント開催時などに活用している。
 今後、総合事務所をはじめとする公共施設の空きスペース等を活用し、住民主体の地域コミュニティ組織が自由に活動・交流できる拠点を整備していくとともに、道の駅「ゆとりパークたまがわ」のリニューアルや地域イベントを拡大し、地元産品の販売強化や集客力の強化など商業・交流施設として拠点化を図る。また、行政・民間団体・住民組織の連携を強化し、田万川地域における住民サービスの一元化を推進していく。

2.集落間のネットワークの強化

 田万川地域では、近隣の主要都市である萩市や益田市への移動手段としてJR鉄道が運行しており、江崎地区と小川地区間については、地域の南北を結ぶ民間防長バスが運行しているが、集落によっては、公共交通の空白地となっているため、地域の拠点と交通空白集落を結ぶ交通手段として、デマンド式の地域巡回バス「ぐるっとバス」を運営している。また、平成28年度から住民主体サービスの一貫として、江崎・小川ささえ隊による高齢者生活サービス車の運行を開始し、高齢者など交通弱者の移動手段の確保に努めている。
 今後、鉄道、民間バス等、既存路線を維持していくとともに、デマンド式の地域巡回バスの利用者ニーズへの対応や生活交通分野における住民主体サービスの拡充を検討し、利便性の向上を図る

3.地域コミュニティ組織の育成

田万川ふるさとづくり協議会が中心となり、「たまがわに元気をとりもどそう」をスローガンに、福祉、産業、社会教育を担う各種コミュニティ活動団体との連携を強化し、住民が主体となった地域コミュニティ組織の育成を推進していく。
 また、平成25年に発生した集中豪雨災害を教訓とし、各自治会において、「減災のすすめ」をテーマに地域の自主防災組織の立ち上げ等を検討していく

4.地域産業の振興と新たなビジネスづくり

 平成28年に再開した定置網事業を核として、漁協・県・市・現役漁業者・住民等が一体となって「江崎の浜活性化未来プロジェクト事業」を推進し、江崎地区の漁業活性化を図っていく。それに伴い、道の駅ゆとりパークたまがわの全面リニューアルを実施し、鮮魚や地域の特産品・加工品の販売施設の機能強化を行う。また、県内有数の果樹産地である小川地区の平山台果樹団地において、果樹を活用した新たな特産品や加工品づくりの取組を強化し、6次産業化を推進していくとともに、体験交流等を通じて広く情報発信を行い、地域ブランド力の強化を図る

5.都市部からの移住・定住の促進

 地域の空家をデータベース化することにより、空家の正確な情報を把握するとともに、移住希望者のニーズに対応できるように、空家バンク制度の充実と登録物件数の増加を目指す。また、移住者を対象としたUJIターン促進住宅を建設し、地域への定住を図る。更に、地域の実情に詳しい地域移住サポーターを配置し、移住支援体制の充実を図るとともに、地域コミュニティ団体と連携し、地域が一体となって受入意識の醸成を図る。

元気生活圏づくりの主な取組

  • たまがわ夏まつり
    (実施主体等:実行委員会)
  • 小川夏まつり
    (実施主体等:実行委員会)
  • 平山台利きりんご選手権大会
    (実施主体等:実行委員会)
  • 江崎手作り市場
    (実施主体等:実行委員会)
  • みのりの広場(高齢者サロン、出前理容室、出前購買)
    (実施主体等:小川ささえ隊)
  • 大人の部活(高齢者お出かけサロン)
    (実施主体等:江崎ささえ隊)
  • グリーンツーリズム(農業体験、農家民泊)
    (実施主体等:グリーンツーリズム協議会ほか)
  • トリムマラソン大会
    (実施主体等:ふるさとづくり協議会)
  • 盆踊り大会(昭和時代~青年団主催)
    (実施主体等:ふるさとづくり協議会)
  • ひとり暮らし高齢者宅年末訪問
    (実施主体等:ふるさとづくり協議会)
  • たまがわ夢まつり
    (実施主体等:ふるさとづくり協議会)
  • 田万川地域夢プラン実証事業
    (実施主体等:ふるさとづくり協議会)